闇金で借金してしまった場合の対処法とは?

様々な理由で借金をせざるを得ないという方が消費者金融などを利用していると思います。

 

現在の消費者金融は利息制限法や出資法という法律で決められた範囲内の利率でお金を貸し出すことが国や都道府県などから貸金業として正式に許可されている業者がほとんどです。

 

しかし中には法律によって決められた利率を超えて貸し出していたり、国や都道府県などに登録すら行っていない業者が存在しています。

 

このような業者はいわゆる闇金として暗躍し、不法な取り立てを行うなどの犯罪行為を行っています。

 

闇金から借金をしてしまう方の傾向としては、「最初は融資条件が甘かった」という理由が多く見られます。

 

銀行や消費者金融などに借り入れの申し込みをしてみても断られてしまい途方に暮れているとある業者だとすんなり融資してもらうことができた、というケースが多いです。

 

ようやく融資してもらうことができたと喜んだのもつかの間で、ありえない金利と共に法外な取り立てを迫るという場合が多いです。

 

中には自己破産者を狙って甘い言葉で勧誘をし、本来であればしてはいけない借金を更に重ねさせるという手口も横行しています。

 

このように知らずに闇金から借金をしてしまう方や闇金とわかっていても借金をしなければいけないほど生活に困っているという方が多いことが問題となっています。

 

闇金に手を出してしまった場合は要求通りに支払わなければいけないと思い込んでいる方が多いですが、そもそも闇金業者は法に背いた営業活動を行っているため金利だけでなく元金も支払う必要がないという判例が過去に出ています。

 

かといって法的な知識もない素人が過去の判例を武器にして闇金業者に立ち向かうことは非常に困難だと思われます。

 

闇金の借金問題は個人で解決することが非常に難しいケースだと思われますので、借金問題に詳しい法律のプロである弁護士事務所に相談していただくことをおすすめします。

 

弁護士事務所は敷居が高そうと思う方もいますが、親身に相談に乗ってくれますので安心してお問い合わせください。