闇金利用者は多重債務者が多いです

闇金からの借金に苦しんでいる方の中には多重債務者である方が多いといわれています。

 

最初は深く考えずにカードローンや消費者金融でお金を借り入れしたものの、次第に借入額が膨らんでいきどんどん自転車操業状態になり気がついた時には複数の貸金業者から借金をしていたというケースが多いです。

 

一般的な貸金業者の場合は借り入れの申込時に審査を行いますが、多重債務者の場合は回収の見込みがないと判断されてしまい審査に通過できなくなってしまいます。

 

返済に行き詰まった頃、「低金利・無担保・無保証・無審査で融資できます!」という甘い言葉で勧誘をする業者に目が止まったので喜んで契約してみたところ、実はその業者が闇金だったという話は決して珍しいことではありません。

 

闇金業者は多重債務者を狙って勧誘するケースが多いことから、格好のカモにされるため注意が必要です。

 

最終的に闇金に手を出してしまったことで更に厳しい借金に苦しむことになる多重債務者が後を絶ちません。

 

特に闇金業者の場合はひどい取り立てを行っているのが実態なので、精神的にも苦しめられてしまいます。

 

闇金業者の場合は許可を得ずに営業を行っている、法律で定められた金利を超えて貸し出しているという時点で法を犯しているため、本来であれば借金そのものが無効であるといえます。

 

かといって闇金業者に借金の無効を主張したとしても素直に聞き入れられることはありません。

 

残念なことですが詳しい法律の知識もなく、何の権限も持たない素人では太刀打ちできないと考えられます。

 

闇金の借金に苦しむ多重債務者の方は一刻も早く弁護士事務所に相談することをおすすめします。

 

様々な弁護士事務所がありますが、特に借金問題に詳しい弁護士事務所に相談してください。

 

闇金の借金問題だけでなく、多重債務についても民事再生や任意整理、自己破産などの解決方法をアドバイスしてもらうことができるので、生活再建を目指すこともできます。

 

様々な道筋を示してくれる法律の専門家に是非お気軽にご相談ください。